訪問業者にはくれぐれもご注意ください

よくある訪問業者のセリフ

~こんなセリフは営業手口です。騙されてはいけません~
「20年いや30年、いや半永久的です。」

外壁の塗り替えは、新築から10年から15年経過して、初めて塗り替えされる方がほとんどだと思います。
その塗り替えから、20~30年も美観を保つことができるというのは信じがたい話です。
日本には関西ペイントや、日本ペイントに代表される塗料メーカーが数知れずありますが、最高級の塗料でもメーカー保証は10年間です。
最近は、改良が進み15年は持つと言われる塗料もできていますが、塗料のメーカー保証は10年ということです。20年、半永久などということはありえません。

「モニターになっていただけますか?」

「お宅様は通りに面していますから、当社施工の宣伝になりますので、今回は、特別価格にてご奉仕させて頂きます。」
よく聞く言葉ですけど、どなた様にもそういう同じような言葉を言っているようです。

「通常は150万円ですが、今、決めて頂ければ、今回に限り100万円にします!」

いかにも今だけとか、特別に、とかを強調したり、50万円も値引きしたりするのはおかしいと思います。
当然、商売ですから利益無しでできるわけはありません。たとえ50万円値引きしても、きっちり利益は確保しているのではないでしょうか。
ということは通常は、50万円以上も暴利を取っているということでしょうか?

危機感をあおる

「今塗り替えをしないと壁が落ちますよ。」

「今やらないと大変なことに・・・」

「今やらないと膨大な費用が掛かります。」

「屋根瓦が飛んでしまいますよ。」

「建物内部の木材が腐ってしまいますよ。」

これらの言葉は、危機感をあおって、早く契約に持ち込もうとしている言葉だと思いますのでご注意ください。

確かに、建物が劣化して危険な状態にある場合もありますが、そんな状態では外壁の塗り替えどころではなく、もっと根本的な修繕・改修が必要になってきてるはずです。
外壁の塗装表面の劣化だけで、すぐに危険な状態になるというのは考えづらいのです。

まずは、即決しないこと

以上、このような訪問業者に仕事を依頼することは、とてもリスクがあることをご理解いただけたのではないでしょうか。

専門知識があれば、おかしなことをいう業者だなと判断することもできますが、そうでなければ即決せず家族など第三者に相談してみましょう。

塗装の種類や経過年数から「そろそろ塗り替えの時期です。ご計画を」というのがお客様の立場にたったプロのアドバイスだと考えます。

そのためには、普段から小さな修理や相談ができる。そんなお付き合いを通して大事な建物を一緒に守っていける「住まいのホームドクター」がいるといいですね。