耐震改修・増改築・全面

いつかは必ずやってくる南海トラフ地震。

その強い揺れにより住宅が倒壊し、あなたやあなたの家族がその下敷きになってしまったら?

地震で倒壊した建物がガレキとなって道路をふさぎ、救急車や消防車が通れなくなってしまったら?

耐震補強工事で命を守る

「大きな地震がきたらどうしよう・・・」

「うちの家は大丈夫かな・・・」

そんな不安を解消するのが、耐震補強リフォームです。

住宅は、生活の場であるとともに、大切なご家族の命を守る「シェルター(避難所)」でもあります。

住宅が「シェルター(避難所)」として機能するためには、正しい耐震診断と、適切な耐震補強工事が必要になります。

ただし、全ての住宅が、耐震診断が必要というわけではありません。

昭和56年5月以前に建てられた家は、古い建築基準法の耐震基準で建てられています。

耐震診断の主な対象となるのは、昭和56年(1981年)5月31日より以前に工事が開始された木造住宅です。

理由は、建築基準法の耐震基準が改正される前に建てられているためです。

高知県には防災のための補助金があります。

耐震診断、耐震補強改修には、高知県からの補助金が用意されています。

高知県の木造住宅耐震診断事業を利用すれば、無料~自己負担3000円で耐震診断を受けることができます。

耐震診断を受ければ、ご自宅の地震に対する強さが分かり、今後どのようにしていけばいいのかの目安となります。

そしてさらに、耐震設計をする場合に最大20.5万円の補助金がおります。

実際に耐震補強改修を行う際、最大92.5万円までの補助金がおりる制度もあります。

市町村によっては更なる上乗せ補助を行っているところもあります。

ご自宅を大規模にリフォームされる場合、このような制度をうまく利用して耐震補強を行うこともご検討されてもよいかと思います。

40年、50年と住んでこられて、住み慣れた家を耐震改修することによって安心で快適な住まいにしていくこと、そのことを通して、もっと家族の笑顔が増えることこそ、私達の目指すところだと考えています。